キャンプギア

【ソロキャンプ最強の鉄板!】ヒロシの鉄板「No.164 独焼鉄板」届いたのでレビュー!

nappaul
nappaul
どうも、nappaulです。



以前にソロキャンプ初心者向けの鉄板をご紹介しました。



この他にもいろんな鉄板があるのですが、その中でも今最もアツい、あのキャンプ芸人ヒロシ監修の鉄板をついに手に入れたのでレビューしたいと思います!

このブログを読んでわかること

  • No.164 独焼鉄板」の商品のレビュー、商品の特徴
  • No.164の購入はどこできるのか
  • 現在、なかなか手に入りづらい状況が続く中での注意点

  •  

ついて書いていきたいと思います!

nappaul
nappaul
興味のある方は最後まで読んでいただけるとありがたいです!

[the_ad id=”1966″]

買ったのはこれ!売り切れで買えない人も多い「独焼鉄板 No.164」の
仕様を見てみる

まずはその鉄板そのものはどんなものかというと、

キターーーー!

開封直後なのでまだビニールがついている写真ですが、右が鉄板本体、左が取手、奥の綿素材の袋の3セットになっていました。

nappaul
nappaul
仕様を見てみましょう。

No.164 独焼鉄板のスペック

  • サイズ:220mm×130mm
  • 重さ:970g
  • 取手サイズ:135mm×30mm
  • 取手の重さ:40g
  • 価格:税込5320円

こちらは分厚い4.5mmの仕様ですが、少し薄い3.2mm仕様もありまして、そちらは重さが700gと軽くなることを除いて仕様は全く同じです!(価格は税込4770円)



分厚い方が、熱の電動率が良くなり食材がさらに美味しく焼けるとのことですが、キャンプスタイル的にもっと軽い物がいいという方は薄めのモデルがいいと思います!


ちなみに商品にはこういう免責事項などの書類とともに、ヒロシさんからの鉄板使用に関するアドバイスなどが書いてあります。

ファンにとってはこういうのは嬉しいですね!


無骨な中にもこだわりとスタイリッシュさが垣間見えるデザイン

それでは実際に商品はどんな感じなのかというと、下の写真が購入した実物です!

購入した直後なのでまだシーズニングをしていない状態です。

なので錆防止のコーティングがされていてピカピカです。

そして右下にNo.164の刻印が入っています。かっこいい!

さらに特筆すべきは四辺にある返しです。

これがあることによって

  1. 油がこぼれない
  2. 食材が落ちにくなる
  3. 煤が料理に入りづらくなる

という利点があります。

ちなみに人によっては

返しなんかいらないぜ!

という非常に無骨な人向けの鉄板もあります。

個人的にはこれも非常に魅力的ですし、今すぐ手に入りかつキャンプギアとして間違いのないものなのでおすすめしたいですね!



続いて裏面。

こちらも表面同様にコーティングがされています!

裏面は火に直接当たるので、今後使い込んでいくにつれてどんどん味が出てくるようになると思います。

ちなみにこの鉄板はバーナーよりも焚き火などを推奨しているので、煤などが付くことも想定されているようです。

ガンガン使って自分色に染めましょう!

お次は取手です!

こちにも、「No.164」のくりぬきがありますね!

最初から使い込まれているかのような加工がしてあって渋い見た目です。

こちらも使い込んでいくとどんどん自分色に染まっていきそうですね。

「独焼鉄板 No.164」はいったいどこで手に入るの?

そんなヒロシ鉄板ですがいったいどこで手に入るのかというと、

通常のお店やオンラインストアでは手に入りません!


購入するには以下の「日刊ヒロシちゃんねる」というサイトの公式通販を利用するしかありません。

https://no164.hiroshi0214.com/no164/

僕もそうでしたが、ヒロシコーポレーションというヒロシ所属事務所などで購入するのかと勘違いしてしまう方もいるので、購入希望の方はこちらのURLを覚えておくようにしておいてください!

購入後の支払いも銀行振り込みになるのできちんと確認しましょう。

「独焼鉄板 No.164」は売り切れでなかなか手に入らない!
注意点と次の入荷時期は?

そんなヒロシ鉄板こと「独焼鉄板 No.164」ですが、4月18日現在で3.2mm、4.5mmともに売り切れ中です。


やはり最初の発売時もそうでしたがかなり話題になりますし、ファンが多いことから非常に競争率も高くなります。

そして、残念ながらそういうことに乗じて転売目的で購入する人もいるようです。

僕も初回の販売時には買えませんでしたが、今回の再販で入手ができたのでその経験から購入できない場合の注意点やアドバイス、入荷時期の予想などをまとめたいと思います。

手に入らなくても転売されたものは買わない方がいい!

フリマアアプリなどで転売目的で売られているものは、まず定価よりも価格が高いので買わないようにしましょう。

これに関してはヒロシさんも公式でアナウンスしています。

公式で買わないようにと言われているということは、そういう場で買わなくても今後買えるようになるということの意味になると思うので、基本は公式で購入するという選択肢のみにしておきましょう。

また、錆防止のコーティングも時間が経つと効果が薄れていくとの話もあるので、一度人の手に渡ったものはきちんとした管理がされていない場合もあるので商品に錆やその他の欠陥がある可能性もあるため、やめておきましょう!

次の入荷時期はいつ頃なの?どこで情報は手に入るの?

続いて入荷時期に関してはこちらは基本未定になっているようですね。

商品の特性上、一つ一つ職人さんの手で作られているということなので、超大量に生産ができないためです。

しかしながら生産が終了したというアナウンスもないため、次回の入荷自体はあるものとかていた場合ですが、初回の販売開始が2020年9月ごろ、今回の再販が3月にアナウンスと再販が開始したことから

次の販売時期は約半年後の2021年9月ではないかと予想します。

あくまで個人の予想なのでこちらは参考程度に。

そして、入荷と販売の情報はヒロシさんの公式Twitterとインスタグラムで公開されていましたので、次回以降の購入を考えている方は迷わすフォローしておきましょう!

購入するときは3.2mmの方が買いやすい!

ちなみに、購入の際に鉄板の厚さはどちらでもいいという方やとりあえずヒロシの鉄板が欲しい!という方には3.2mmの鉄板の方が購入がしやすくておすすめです。

理由は、ヒロシさん自身は4.5mmを使用しているので、このスタイルに寄せたいという方が真っ先にそちらを購入されるためです。

実際に僕の購入時も4.5mmはどんどん在庫数が減っていきました。

もし、4.5mmの鉄板が売り切れていても3.2mmの在庫がある場合に購入しても構わない方はそちらも視野に入れると良いと思います!

まとめ:ヒロシ鉄板「独焼鉄板 No.164」はソロキャンパーに最高!
購入したい人は気長にでも待とう!

まとめです!

今回の記事では

このブログを読んでわかること

  • No.164 独焼鉄板」の商品のレビュー、商品の特徴
  • No.164の購入はどこできるのか
  • 現在、なかなか手に入りづらい状況が続く中での注意点

という3つの観点をご紹介しました。

結論としては、

  • ソロキャンプの鉄板としては見た目も仕様も最適な鉄板!
  • 買うなら公式の通販でのみ!
  • 転売されているものは買ってはダメ!
  • 似ている鉄板もあるから候補に入れて探してみて欲しい!

ということをお伝えしたいです!。

ソロキャンパーならこういう鉄板を一枚持っているだけで簡単な料理が作れます。

もちろん、ソロキャンプブームの中で様々な先手駆使が鉄板にはあります。

先に紹介したヨコザワテッパンだけでなく、

BUNDOK

というメーカーからも似たような返付きの鉄板が出て至りもするので、候補の一つとして考えていただいてもいいと思いますよ!

今回はせっかく手に入れたので、ヒロシ鉄板についてご紹介させていただきましたが、ソロキャンプで使える鉄板の参考になれば幸いです!

自分のお気に入りを見つける上でも役に立つ情報になっていると思いますよ!

それではー!

ABOUT ME
nappaul
名前の読み方は「ナッポール」と申します。 キャンプが好きで仕事が嫌いな、会社員。 ソロツーリングキャンプについてのオススメ情報、商品を中心にご紹介していきます。