キャンプギア

【コスパ最強!】Amazonで買える!soomloomのダウンシュラフをレビュー!【1万円以内】

nappaul
nappaul
どうも、nappaulです。

冬のキャンプにおいて最も重要な防寒対策のアイテムが寝袋です。

これから初めて冬場のキャンプに行く人はこんな悩みはないでしょうか?

初めての冬キャンプの悩み

  • 冬用のシュラフについて調べたけど種類が多くてわからない
  • 有名なブランドだとかなり値段が高くて手が出せない
  • ダウンと化学繊維のどちらがいいの?

nappaul
nappaul
僕も始めて冬のキャンプをする際に同じことで悩んでいました。

実際に冬用の寝袋でダウンを使用した高品質なものは値段が高く、化学繊維のものは安くても同じ性能でもかなり嵩張るためバイクでのソロキャンプなどにはあまり向いていないのが事実です。

かといってわからずに安くて軽いからという理由で適当適当なシュラフを買うのはよろしくありません。

冬のキャンプではしっかりした防寒が取れずに睡眠をとるのは本当に危険だからです。

そこで今回はなんと、Amazonや楽天などのネット通販で1万円以下で買えるおすすめのダウンシュラフをご紹介したいと思います。

nappaul
nappaul
上記の悩みが解決できる内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください!

nappaul
nappaul
Amazonブラックフライデーが開催中です!<br />この機会にお得にキャンプ道具を手に入れましょう!

【随時更新中】Amazon Brack Friday(ブラックフライデー)2021でおすすめのキャンプ・バイク用品のセールアイテムまとめ 11月26日(金)19:00〜12月2日(木)23:59の7日間限定でAmazonブラックフライデーセールが開催されます! 年に一度の...

冬キャンプにおすすめしたいコスパ最強寝袋はこれ!
「Soomloom マミー型シュラフ」

今回紹介させていただく冬用シュラフは「Soomloom」というメーカーのマミー型シュラフ、650FPです。

僕が冬キャンプを初めてやる際に初めて買った寝袋でもあり、今でも冬キャンプで使用していま。

なぜこれを選んだかというと

  • ダウンを使用して保温性が高いこと
  • 小さく収納できてバイク装備でも嵩張らないこと
  • 価格が安かったこと
  • 商品レビューが高評価だったこと

以上が主な理由でした。

やはり一番の理由はなんと言っても「保温性が高いこと、暖かいこと」ですね!

それに加えて価格がお求めやすいのでこれ以上の選択は僕にはなかったですこれを買ったときはまだ学生だったので何万円も出せるほどの財力がなかったのと、本当にこれから冬キャンプにハマるかもわからなかったのでそこまでの投資ができなかったのです(結果的に言うとドハマリするわけですが…)

ですので、初めて寒い時期にキャンプするっていう方で、テントはほかの人のがあるとか、コテージ泊するという人でまず寝袋を買うという人にはおすすめです。

気になる値段はいくらだったのか

僕が購入したモデルは6970円でした!

なぜこんな言い方しているのかというと、実はダウンの使用量によってお値段が変わるからです。

nappaul
nappaul
僕は800gのダウンが使用されているモデルを購入しました!

現在展開されているモデルは400g、600g、800gの3タイプになります。

使用してみた感じは?どれぐらい暖かいの?

何はともあれ大事なのは使用感ですよね!

僕の購入した800gのダウンはカタログ上では−5°〜10°ぐらいが快適な気温らしいです。

想定している最低気温は−10°ほど。

余程の標高が高いところっでの冬キャンプでなければかなりの場所で適応しそうです。

実際に僕が行ったキャンプ場で1番寒かった場所の「田貫湖キャンプ場」で朝起きたら−6°でも、シュラフの中にカイロを入れての使用で全然使えました。

nappaul
nappaul
極地に行くような冬キャンプでなければ、このシュラフで十分対応できます!

[the_ad id=”1966″]

実物の大きさや質感はどんな感じか

実物の写真を見るとこんな感じです。

横にメジャーを並べました。

今回収納してある状態を測ってみたら縦で45cmぐらいあったんですけど、カタログだと24×27とのこと。

個体差やどれだけ空気を抜いてしまえるのかなどの要因はありますが、もっと小さくすることができます。

荷物を詰めるときに他の道具の重さを利用すればだいぶ嵩張りは防げそうです。

また、この商品と同じぐらいの機能性の化学繊維のものでmont-bellやコールマンといった有名ブランドのシュラフは縦の大きさはカタログサイズで40cm〜49cmほどあるため、いかにダウンシュラフが収納の面で優秀化がお分かりいただけると思います。

そして広げるとこのような見た目です。

あえて縦の写真にしてみました。

広げたら縦の長さで200cmぐらいです。

カタログでは210cm×80cmとのこと。どのダウン使用料のものでも同じサイズらしいです。

ちなみにの僕が身長174cmの82kgで余裕ですっぽりと入れます。

nappaul
nappaul
180cm以上ある背の高い人でも全然大丈夫そうです!

また、足元も結構ダウン詰まってるのでわりと体が大きい人のほうが暖かいとのレビューもありました。

中に入る時はどんな感じ?

この寝袋はマミー型なので横のジップ開いて体を入れて、全体をすっぽり包まれる感じになります。

その入り口周りはこんな感じ。

見づらいですが体の入り口の方です。

使い方は写真に書いた通りです。

ジップは内側からも閉められるの仕様となっていて、体を入れてからでも楽に締められます!

首元もマジックテープで固定できる様になっているので外気をできる限り遮断できる設計です。

nappaul
nappaul
こういう細かい仕様が本当に嬉しい…!

Soomloomは高コスパだけどこんなところが少し気になる

nappaul
nappaul
ここまで実際に使ってきた感想から肯定的な意見を言ってきましたが、ここからは実際に使って少しマイナスに関した部分もお伝えします!

匂いが気になるとのレビューも

個体差や個人差はあるようですが、シュラフから獣臭さを感じる人も多いとのレビューが意外と多いです。

僕は初めてのダウンシュラフでしたのであまり他との違いはわかりませんでしたので気にはなりませんでした。

少なくとも使っていくうちに新品の時にあった匂いは消えていきました。

気になる方は購入後に天日干しをする、洗濯をする、消臭スプレーを使用するなどをして匂いが消えるようにしてから使用してみてください。。

袋が若干小さい

こちらもレビューにありますが僕自信気にになる点でした。

ダウンは小さくなるとはいえ、袋が思ったより小さく毎回しまう時が少し大変です。

慣れればなんてことないですが、初めてしまう時はすごく時間がかかりました。

シュラフの袋だけでも各メーカーが圧縮するものを出していたりするので興味のある方はそちらも是非!

お金があるならmont-bellやNANGAを買えば間違いない

何よりも価格を安く最低限の機能を持ったダウンシュラフが欲しいならばsoomloomが非常におすすめですが

  • 予算に余裕がある
  • 匂いが気になるのは嫌だ
  • 冬はもっと寒いところにたくさんキャンプに行きたい

以上のような理由の方はmont-bellやNANGAの寝袋を買うことをお勧めします。

なぜなら絶対に失敗しないから!


やはりシュラフなどは機能性と値段が比例します。

値段は数倍するものもありますが、全く不自由がないシュラフが欲しいならば上記のような有名メーカーのシュラフをご購入され冬のキャンプも快適に過ごせると思いますよ!

まとめ:soomloomは冬キャンプ初心者にはぜひお勧めしたい、高コスパな優秀な冬用シュラフ!

nappaul
nappaul
それではこの記事のまとめです!

まとめ

  • 冬キャンプ初心者にはsoomloomのシュラフが圧倒的におすすめ
  • 価格も安く高いコストパフォーマンスを誇る
  • 低山キャンプ場ならどこでも使える保温機能の高さ(ダウン800gに関しての使用感)
  • 匂いが気になる、復路が少し小さいとのレビューもあるので予算に余裕があるなら有名ブランドを視野に入れる
  •  

あえて気になる点も含めて、高コストパフォーマンスのシュラフであること、冬キャンプ初心者の方にお勧めできるシュラフになっています!

nappaul
nappaul
正直高いシュラフは欲しい気持ちもありますが、僕はこれで不自由がなく満足しています!

冬キャンプを始めたいけど諸々揃えるのに高いお金が出せないという方やには是非、soomloomのダウンシュラフをおすすめさせていただきたいと思います!

nappaul
nappaul
是非、この寝袋を使って冬キャンプの魅力や楽しさを知っていただけたら嬉しいです!

他にも、ソロキャンプ、ツーリングキャンプにおすすめのキャンプギアをご紹介している記事がありますので、よかったら合わせてこちらもご一読ください!

ABOUT ME
nappaul
名前の読み方は「ナッポール」と申します。 キャンプが好きで仕事が嫌いな、会社員。 ソロツーリングキャンプについてのオススメ情報、商品を中心にご紹介していきます。